免許申請から営業開始までの流れ

免許申請から営業開始までの流れ(京都府知事の場合)

書類イメージ ※免許申請書及び入会申込書はこちらからダウンロードできます。

書類イメージ

01京都府知事に宅建免許の申請

主たる事務所が京都市内(ただし、西京区大原野・大枝の各町、右京区嵯峨樒原・嵯峨越畑を除く)にある場合は、京都府建設交通部建築指導課宅建業担当へ、京都市外にある場合は、その事務所所在地を所管する各土木事務所へ申請します。(約40日で免許通知が届きます)

矢印

02入会の申込み(支部合同事務所へ)

支部合同事務所へ入会申込みします。

矢印

03入会の審査(支部・本部)

支部及び協会本部において入会審査が行われます。

矢印

04新入会員等義務研修会への出席(京都府知事へ提出する書類の交付)

代表者及び専任の宅地建物取引士(専任が複数いる場合は全員)が受講対象です。
受講者には「入会手続済証明書」、及び「弁済業務保証金分担金納付書(写)」が交付されます。

矢印

05免許証交付

「免許証交付通知はがき」「入会手続済証明書」「弁済業務保証金分担金納付書(写)」 「免許申請書に押印された印鑑」を免許申請書を提出した京都府建築指導課宅建業担当又は土木事務所へ持参すると、免許証が交付されます。

矢印

06営業開始

前記の手続きが済めば、営業を開始することができます。

TOP